MATLAB 包括ライセンス

基本情報

利用条件

ソフトウェアの使用者

本学の構成員

利用目的

非営利の教育・研究

Caution

  • 本学構成員であっても営利目的に本契約のソフトウェアを利用はできません

  • ソフトウェアを使って得た成果物やその権利の一部もしくは全部を共同研究相手である営利団体に移管または共有する場合なども,本契約によるソフトウェアを利用できません

利用者向け情報

利用分担金

学生用個人利用を除いて ,MATLAB 包括ライセンスの利用は, 利用単位(教員個人,研究室,計算機室)ごと校費から 以下のライセンス料分担金をご負担いただきます. ご負担いただいた分担金は,年度途中に利用停止を希望された場合でも 返金されません ので,あらかじめご了承ください.

ライセンス料分担金

年間 30,000 円

Important

学生の個人利用には分担金は発生しません.

対象製品

MATLAB本体および,ほぼ全てのアドオン製品が利用できます.

管理者向け情報

全学ライセンスサーバ

MATLAB の利用には,情報基盤センターのライセンスサーバへのアクセスが必要となる場合があります. MATLAB の起動時またはライセンス認証の必要な機能が有効化された際にライセンスサーバへの通信が発生します. ネットワーク機器やサーバ等を設置する場合は,配下の機器が以下のサーバおよびポートに 到達できるようにご留意ください.

ホスト名

IPアドレス

ポート

matlab1.license.cc.uec.ac.jp

172.21.22.33

TCP/27000, TCP/27001

matlab2.license.cc.uec.ac.jp

172.21.22.34

TCP/27000, TCP/27001

サポート

MATLAB 詳細な利用方法やライセンスの解釈に関する質問には正確に回答できない場合があります. その際は,MathWorks 社のサポート窓口に直接お問い合わせください.

利用方法

ホスト個別ライセンスでインストールする (教員/学生の専有/個人PCでの利用)

Important

常勤教職員の方

事前に 利用代表者登録 (常勤教職員のみ) が必要です.

非常勤教職員の方

利用代表者として登録された常勤教職員の元でご利用ください.

学生の方

情報基盤センターなどへの事前の提出物はありません.本マニュアルの手順ですぐに利用できます.

すべての方について利用には有効な UEC Account が必要です.

ホストごとにライセンス認証をする方法です. 主に

  • 教員の専有PC/個人PC

  • 学生の専有PC/個人PC

での利用を想定しています.

  1. (初回のみ) 電通大用 MathWorks アカウントを登録する

電通大用 MathWorks アカウントの登録 の手順で,電通大用 MathWorks アカウントを登録する.

  1. MathWorks サイトにログインする

電通大ライセンスでMathWroksサイトへのログイン の手順で, 電通大用 MathWorks アカウントでログインする.

  1. 製品をダウンロード・インストールする

  1. ログイン後のページから電通大のライセンスをクリックする

../../_images/lic_matlab_dl_01.png
  1. ページの指示通り, インストーラーのダウンロードページにアクセスする

../../_images/lic_matlab_dl_02.png
  1. インストールするバージョンを選ぶ

../../_images/lic_matlab_dl_03.png
  1. OSを選ぶ

../../_images/lic_matlab_dl_04.png
  1. 電通大用 MathWorks アカウントでインストールする

ダウンロードしたインストーラーを起動し,指示通りインストールする. アカウント情報の入力を求められたら 電通大用 MathWorks アカウント の情報を入力する.

ライセンスサーバを参照してインストールする (PC教室や研究室での大規模利用)

Important

常勤教職員の方

事前に 利用代表者登録 (常勤教職員のみ) が必要です.

非常勤教職員の方

利用代表者として登録された常勤教職員の元でご利用ください.

学生の方

情報基盤センターなどへの事前の提出物はありません.本マニュアルの手順ですぐに利用できます.

すべての方について利用には有効な UEC Account が必要です.

情報基盤センターの全学ライセンスサーバーを利用する方法です. 主に

  • PC教室

  • 研究室等の共用PC

での大規模利用を想定しています.

Note

研究室などで独自にライセンスサーバ構築する場合は, 情報基盤センター(support@cc.uec.ac.jp)までご相談ください.

ライセンスサーバ認証によるインストール作業は,

の順に行います.

インストールとライセンスファイルの一時設定

  1. UECアカウントで MATLAB ダウンロードページ にログインし,以下の 3 点をダウンロードします.

  1. ライセンスサーバ用ライセンスファイル network.lic (ページ上部)

  2. ご利用の OS に対応したインストールメディア

    1. のインストールメディアに対応した ファイル インストール キー fik.txt

  1. ダウンロードした製品を解凍し,インストーラーを起動してください.

  2. ファイル インストール キーを使用する を選択して,次へ をクリックしてください.

../../_images/matlab_file_key.png
  1. ファイル インストレーション キーの入力を求められます. ダウンロードした fik.txt に書かれた数字列を入力してください.

../../_images/matlab_file_key2.png
  1. インストールする製品の選択を求められますので,必要な製品を選択してください. ただし,製品一覧中の License Manager は選択しないでください.

../../_images/matlab_licence_maneger.png
  1. ライセンスファイルの入力を求められます. ダウンロードした network.lic への絶対パスを指定し,インストーラに指示にしたがってインストールを進めてください.

  2. インストール終了後の追加設定として, ライセンスサーバの参照方法の変更 を行います.

ライセンスサーバ参照方法の変更

インストール終了後の追加設定として,ライセンスサーバの参照方法を変更します. この設定により,複数のライセンスサーバを参照するようになり,サーバ障害時の耐障害性を高めることができます. OS ごとの設定例は以下を参照してください.

Windows 10
  1. スタートメニューを開きます。

  2. 設定を選択します.

../../_images/config.png
  1. 設定の検索 枠に システムの詳細設定の表示 と入力して検索します.

../../_images/matlab_server_config2.png
  1. 検索結果の システムの詳細設定の表示 を選択してください.

../../_images/matlab_server_config3.png
  1. システムのプロパティ詳細設定 タブ中の 環境設定 ボタンをクリックしてください.

../../_images/matlab_server_environment.png
  1. システム環境変数 以下の 新規 ボタンをクリックします.

../../_images/matlab_server_environment2.png
  1. 変数名欄に, MLM_LICENSE_FILE を入力します.変数値欄には 27000@matlab1.license.cc.uec.ac.jp;27000@matlab2.license.cc.uec.ac.jp を入力します.

../../_images/matlab_server_environment3.png
  1. OK をクリックします.

  2. インストール時に一時的に使用したライセンスファイル C:\Program Files\MATLAB\<バージョン>\licenses を削除します. <バージョン> にはお使いの MATLAB のバージョン記号です.

  3. MATLAB の起動して,ライセンス認証エラーが表示されないことを確認してください.

Windows 8.1
  1. コントロールパネル を開いてください.

  2. システムとセキュリティ \(\Rightarrow\) システム \(\Rightarrow\) システムの詳細設定 の順にクリックします.

  3. 詳細設定 タブ内の 環境変数 ボタンをクリックします.

  4. システム環境変数 以下の 新規 ボタンをクリックします.

  5. 変数名欄に, MLM_LICENSE_FILE を入力します.変数値欄には, 27000@matlab1.license.cc.uec.ac.jp;27000@matlab2.license.cc.uec.ac.jp を入力します.

  6. OK をクリックします.

  1. インストール時に一時的に使用したライセンスファイル C:\Program Files\MATLAB\<バージョン>\licenses を削除します. <バージョン> にはお使いの MATLAB のバージョン記号です.

  1. MATLAB の起動して,ライセンス認証エラーが表示されないことを確認してください.

macOS (10.11 El Capitan 以降)
  1. ターミナルを起動し, ~/Library/LaunchAgents へ移動します.

  2. 内部に MLM_LICENSE_FILE.plist を作成します.

  3. MLM_LICENSE_FILE.plist に以下を記述してください.

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
  <dict>
    <key>Label</key>
    <string>setenv.MLM_LICENSE_FILE</string>
    <key>ProgramArguments</key>
    <array>
      <string>/bin/launchctl</string>
      <string>setenv</string>
      <string>MLM_LICENSE_FILE</string>
      <string>27000@matlab1.license.cc.uec.ac.jp;27000@matlab2.license.cc.uec.ac.jp</string>
    </array>
    <key>RunAtLoad</key>
    <true/>
    <key>ServiceIPC</key>
    <false/>
  </dict>
</plist>
  1. その後, launchctl load ~/Library/LaunchAgents/setenv.MLM_LICENSE_FILE.plist と入力し,plist ファイルを読込んでください.

  2. インストール時に一時的に使用したライセンスファイル $MATLAB\licenses を削除します. $MATLAB は MATLAB のインストールフォルダを意味します.

  3. ターミナルから open -a matlab_r2018a を入力して,MATLAB の起動し, ライセンス認証エラーが表示されないことを確認してください.

Linux
  1. ターミナルを起動します (この例では bash を使用).

  2. ~/.bashrc に以下の内容を追加します. ~/.bashrc がない場合は新規作成してください.

export MLM_LICENSE_FILE=27000@matlab1.license.cc.uec.ac.jp,27000@matlab2.license.cc.uec.ac.jp
  1. source ~/.bashrc を入力します.

  2. env を入力して,2.で追加した環境変数設定が出力されることを確認します.

  3. ~/.bash_profile にMATLAB をインストールした ディレクトリ(以下, $MATLAB )配下にある bin/ ディレクトリへのパスを通します. この例では MATLAB 2018a を /usr/local/MATLAB/R2018/ にインストールしています.

PATH=$PATH:/usr/local/MATLAB/R2018/bin
export PATH
  1. source ~/.bashrc を入力します.

  2. インストール時に一時的に使用したライセンスファイル $MATLAB\licenses を削除します. $MATLAB は MATLAB のインストールフォルダを意味します.

  3. ターミナルから matlab と入力して MATLAB の起動し,ライセンス認証エラーが表示されないことを確認してください.

MATLAB Online を利用する (教員/学生の個人利用)

Important

常勤教職員の方

事前に 利用代表者登録 (常勤教職員のみ) が必要です.

非常勤教職員の方

利用代表者として登録された常勤教職員の元でご利用ください.

学生の方

情報基盤センターなどへの事前の提出物はありません.本マニュアルの手順ですぐに利用できます.

すべての方について利用には有効な UEC Account が必要です.

  1. 電通大用 MathWorks アカウントで https://jp.mathworks.com/mwaccount/ にログインする

  1. ログイン直後の マイ アカウント から MATLAB Online にアクセスする

../../_images/lic_matlab_online_01.png

\(\Downarrow\)

../../_images/lic_matlab_online_02.png

各種手続きと手順

利用代表者登録 (常勤教職員のみ)

Important

常勤教職員の方

事前に 利用代表者登録 (常勤教職員のみ) が必要です.

非常勤教職員の方

利用代表者として登録された常勤教職員の元でご利用ください.

学生の方

情報基盤センターなどへの事前の提出物はありません.本マニュアルの手順ですぐに利用できます.

すべての方について利用には有効な UEC Account が必要です.

学生用個人ライセンスを除く MATLAB 包括ライセンスを利用する場合は, 利用単位(教員個人,研究室,PC教室など)の中から予算執行権のある教職員の方 1 名を利用代表者としてご登録いただきます. 利用代表者の方には, ライセンス料分担金 をご負担いただきます. また,利用代表者は利用単位のライセンス管理責任者となります.

利用者代表者の方には,継続利用確認メールを毎年お送りします. 当該年度に包括ライセンスを使用しない場合は,その際にお申し出ください.

利用代表者登録手順は,以下をご参照ください.

  1. MathWorks アカウント登録ページ から, 利用代表者ご自身で, MathWorks アカウント を作成してください. 登録には大学のメールアドレスを使用してください.

  2. 情報基盤センターウェブページの 申請書類一覧 から MathWorks 社 利用代表者登録申請書 をダウンロードし,必要事項を記入してください. 申請書には,作成した MathWorks アカウントに登録した E-mail Address First Name Last Name を忘れずご記入ください. MathWorks アカウントの登録と申請書の記載が異なる場合は, ライセンス登録が正しくできない場合がありますので,ご注意ください.

  3. 情報基盤センター業務事務室(東3号館4階)まで利用代表者ご自身で申請書をご提出ください. 提出時に 本学発行の身分証明書のご提示 をお願いします.

Important

代理申請の場合は, 情報基盤センターウェブページの 申請書類一覧委任状 も 合わせて提出してください.代理申請者の方も 提出時に身分証明書の提示 をお願い致します.

  1. 登録が完了すると,申請書に書かれた利用代表者のメールアドレスに通知メールが送信されます. 通知メールの案内にしたがって, MathWorks License Center へログインし, 包括ライセンスの利用者として登録されていることを確認してください.

Note

申請から 2 営業日を過ぎても通知メールが届かない場合は,お手数ですが, 情報基盤センター(support@cc.uec.ac.jp) にご連絡ください.

電通大用 MathWorks アカウントの登録

MATLABの包括ライセンスを利用するにあたり,UECアカウントのメールアドレス(@edu.cc.uec.ac.jp) で,電通大用のMathWorksアカウントを作成してください.

  1. MathWorks社の電通大ポータル にアクセスし, サインインして使い始める をクリック

../../_images/lic_matlab_reg_01.png
  1. UEC Account でログインする.

電通大の統合認証ページが表示されるので, UEC Account を入力し,認証する. 学外ネットワークからアクセスしている場合, 続けて2要素認証 を行う. 認証に成功すると, 電通大からMathWorks社のサイトに送信される情報が表示されるので, どのような情報かを確認した上で, 同意する を押す

../../_images/lic_matlab_reg_02.png

\(\Downarrow\)

../../_images/lic_matlab_reg_03.png
  1. MathWorks社のページに移動するので, Create をクリックする

../../_images/lic_matlab_reg_04.png
  1. MathWorksアカウントの作成に必要な情報を入力する.

MathWorksアカウントの作成に必要な情報を入力し, Create をクリックする. メールアドレスには UEC アカウントのメールアドレス @edu.cc.uec.ac.jp を指定 する. アカウントの作成が成功すると, 確認メールをチェックするよう促すメッセージが表示される.

../../_images/lic_matlab_reg_05.png

\(\Downarrow\)

../../_images/lic_matlab_reg_06.png
  1. UECアカウント (@edu.cc.uec.ac.jp) のメールを確認する

UECアカウントのメールを確認し, 本文に記載されているリンクをクリックする.

../../_images/lic_matlab_reg_07.png
  1. 登録完了のメッセージとメールを確認する

登録が完了すると, その旨のメッセージがウェブページに表示される. また, UECアカウントのメールアドレス (@edu.cc.uec.ac.jp)に 確認メールが送信されるので, チェックする.

../../_images/lic_matlab_reg_08.png
../../_images/lic_matlab_reg_09.png

電通大ライセンスでMathWroksサイトへのログイン

  1. MathWorksサイトにブラウザで https://jp.mathworks.com/mwaccount/ にアクセスする

../../_images/lic_matlab_login_01.png
  1. 電通大用 MathWorks アカウントのメールアドレスとパスワードを入力する

../../_images/lic_matlab_login_02.png

\(\Downarrow\)

../../_images/lic_matlab_login_03.png
  1. ライセンスの状態を確認する.

ログイン後のページで, オプションTotal Headcount になっていることを確認する.

../../_images/lic_matlab_login_04.png

ライセンスを更新する

個別ライセンス認証によるインストールを行った場合は, 毎年4月以降に,以下の手順にでライセンスを手動更新する必要があります.

情報基盤センターの ライセンスサーバをご利用の方は本操作は必要はありません. ライセンスサーバ側で,更新作業を行います.

  1. インターネット接続を確認して下さい.

  2. MATLABを起動します. Windows の場合はメニューから MATLAB を右クリックし, 管理者として実行 から起動してください.

  3. 学内プライベートネットワークからプロキシサーバを利用している場合はプロキシを以下の手順で設定して下さい.

  1. ホーム タブの 環境 セクションで, 設定 を選択します

  2. MATLABWeb を選択します.

  3. インターネットの接続にプロキシサーバーを利用 を選択し, プロキシ・サーバ の情報を入力してください.

  4. 適用OK を押下します.

  1. ホーム タブの リソース セクションで, ヘルプ \(\Rightarrow\) ライセンス \(\Rightarrow\) ソフトウェアのアクティベーションを行う をクリックして下さい.

  2. インターネットを使って自動的にアクティベーションを行う を選択して下さい.

  3. ログインまたはライセンスファイルの指定を求められます. My MathWorks アカウントでログインする を選択し,以下の情報を入力してログインして下さい.

電子メールアドレス:

MathWorks アカウントとして登録したもの

パスワード:

MathWorks アカウントのパスワード

  1. ライセンスを選択 を選択し,以下のライセンスとオプションを選択して下さい.

ライセンス:

696035

オプション:

Total Academic Headcount Campus - TAH Designated Computer

  1. 確認 を選択して下さい.

  2. アクティベーションが完了したら, 終了 を選択して下さい.