実験用緩制限ネットワーク

実験用ネットワーク

研究を目的として,学内ネットワークとは分離された,制限の緩い実験用グローバル IP ネットワークを提供するサービスです. ファイル共有型 P2P ソフトウェアやセキュリティの研究を目的とした利用を想定しています. 利用規則や利用申請は以下をご覧ください.

利用規約

  • 本サービスで提供するネットワークの利用目的は研究のみとします.

  • 本サービスの運用はベストエフォートとします.

  • 本サービスで提供するネットワークに対しては,ファイアウォールや IDS/IPS によるセキュリティ対策を情報基盤センターでは行ないません.

    • 接続する実験機器のセキュリティ対策は,利用者の責任において,細心の注意を払って実施してください.

    • 問題が発生した場合は,ただちに情報基盤センターにご連絡ください.情報セキュリティインシデントの場合は,情報基盤センターだけでなく UEC-CSIRT (uec-csirt@uec.ac.jp への連絡をお願いします.

    • 実験のミス等により情報セキュリティインシデントが発生しないよう十分な対策を行なってください.

    • 学内ネットワークへ影響が発生しないよう事前に十分な対策を実施してください.

  • 実験に必要なグローバル IP アドレスブロックまたはグローバル IP アドレスを情報基盤センターが割り当てます.研究室等のIPアドレスを使用することはできません.

  • 接続する機器は情報基盤センターの指定する部屋 (東 3 号館 4 階 オープン入出力室) に設置してください.他の部屋への配線は行いません.

    • 機器の設置区画はパーティションで区切られていますが,部屋自体は一般の利用者も出入りします.防犯対策等は各自で行なってください.

    • 実験機器の直接操作は,情報基盤センター業務室の開室時間帯のみとします.

    • 実験機器は,常に遠隔監視し,問題発生時に即応できる体制を整えてください.

  • 違法行為や倫理的に問題のある実験は行なわないでください.

    • 違法な情報やファイルの交換を行なわないでください.

  • 利用を中止または終了する場合は,すみやかに情報基盤センターにご連絡ください.

利用手順

  1. 申請書の提出

    情報基盤センター申請書一覧実験用ネットワーク申請書及び誓約書 を 情報基盤センター業務室(東3号館4階)までお送りください. 情報基盤センターで審査の上,担当者より,利用の可否をメールにてご連絡致します.

    ご用心

    申請書の 申請者管理責任者 は本学の教育研究職員のみとします.

  2. 実験用グローバル IP アドレス / グローバル IP アドレスブロックの割り当てを受ける

    実験に必要なネットワーク構成などを情報基盤センターと相談の上, 必要なグローバル IP アドレスまたはグローバル IP アドレスブロックの割り当てを受けてください. 実験用緩制限ネットワークについては,グローバル IP アドレス利用申請は必要ありません.

  3. 機器の設置

    情報基盤センターが指定する場所に機器を設置して,利用を開始してください. 実験後はすみやかに機器を停止し,情報基盤センター (support@cc.uec.ac.jp) までご連絡ください.