UEC クラウド アカウント

基本情報

UEC クラウド アカウント は大学が契約したクラウド サービスを利用するための 電気通信大学用 Google アカウントです. 電気通信大学が契約する Google Workspace for Education 上で管理されています. 教育目的にのみ利用できます. 学内システム用の UEC アカウント に付随して自動で発行されます.

ID の形式

<UECアカウント名>@gl.cc.uec.ac.jp (ID は @gl.cc.uec.ac.jp を含みます)

ヒント

例) UECアカウントが x2000000 の場合, UECクラウドアカウントは x2000000@gl.cc.uec.ac.jp です.

パスワード

個別設定.UEC アカウント とは 同期されません. 初期パスワードは UEC アカウントのメール (@edu.cc.uec.ac.jp) 宛に 通知されます.

警告

UEC アカウントUEC クラウド アカウント には 必ず別のパスワード を設定してください.

有効期間

UECアカウント に準じる

遠隔講義のため,以下のクラウド サービスを利用するために必要です.

UEC クラウド アカウントの発行と有効化

注釈

初めてログインする方のみ

  1. 発行通知メールを確認する

UEC クラウド アカウント は,UECアカウントに付随して自動発行されます. 初期ログイン情報は, UEC アカウントメールアドレス に通知されています.

通知メールの表題

UEC クラウド アカウント 通知. Notification of your UEC Cloud Account

通知メールの送り元

support@cc.uec.ac.jp

  1. アカウントにアクセスする

http://drive.gl.cc.uec.ac.jp/ にアクセスし, 通知メールに記載された UEC クラウド アカウントの ID と 初期パスワードでログインします.

  1. 表示の案内に沿って,パスワードを変更してください

警告

2 要素認証の設定が完了する前にパスワードがわからなくなった場合, 管理者によるパスワード初期化が必要になります. support@cc.uec.ac.jp までご連絡ください.

ヒント

  • パスワードは 8 文字以上 と表示される場合がありますが. 12 文字以上 のパスワードを設定してください.

  1. 表示の案内に沿って,2要素認証の設定をしてください

ヒント

  • 2 要素認証の設定は, UEC クラウド アカウントの 有効化から 1 ヶ月以内 に完了してください. 期限内に 2 要素認証設定が完了していないアカウントは ログインできなくなります.

  • 2 要素認証の設定には, 電話番号 または スマートフォン が必要です. あらかじめご準備ください.

  • 2 要素認証で SMS を選択した場合,登録した携帯電話に G-000000 の形式でコードが 送られてきます.入力が必要なコードは,先頭 G- を除いた 数字部分のみ です.

UEC クラウド アカウントのパスワードの変更

注釈

UEC クラウド アカウントの発行と有効化 を完了された方のみ

  1. Google アカウント - セキュリティ にアクセスします.

  2. Google へのログインパスワード をクリックしてください.

../_images/2FA_setpos.png
  1. パスワードを要求されるので, 現在のパスワード を入力してください.

  2. 次画面で 新しいパスワード を設定してください.

UEC クラウド アカウントの 2 要素認証設定

注釈

UEC クラウド アカウントの発行と有効化 で 2 要素認証をスキップした方のみ

  1. Google アカウント - セキュリティ にアクセスします.

  2. Google へのログイン2 段階認証プロセス をクリックしてください.

../_images/2FA_setpos.png
  1. 2 段階認証についての簡単な説明が表示されます. 右下の 使ってみる をクリックしてください.

../_images/2FA_try_use.png
  1. パスワードを要求されるので, パスワード を入力してください.

  2. 利用を希望する 2 段階認証プロセスを選択し,画面の指示に沿って登録してください.

ヒント

  • 2 要素認証の設定は, UEC クラウド アカウントの 有効化から 1 ヶ月以内 に完了してください. 期限内に 2 要素認証設定が完了していないアカウントは ログインできなくなります.

  • 2 要素認証の設定には, 電話番号 または スマートフォン が必要です. あらかじめご準備ください.

  • 2 要素認証で SMS を選択した場合,登録した携帯電話に G-000000 の形式でコードが 送られてきます.入力が必要なコードは,先頭 G- を除いた 数字部分のみ です.

  1. 2 要素認証用バックアップコードの取得 でバックアップコードを取得する

ヒント

必要な方のみ.ただし,以下に該当する方はバックアップコードを取得し, 安全な方法で携帯 することをお勧めいたします.

  • 2 要素認証に,固定電話への音声メッセージを選択された方

  • 出張や在宅勤務等で頻繁に普段と異なる場所で業務をされる方

  • 出張等で海外に行かれる方

2 要素認証用バックアップコードの取得

2 要素認証用バックアップコードを取得しておくと, 普段利用している 2 段階認証用のスマートフォンや電話が不意に使えなくなった場合でも, 代わりにバックアップコードで 2 段階認証をすることができます.

ヒント

必要な方のみ.ただし,以下に該当する方はバックアップコードを取得し, 安全な方法で携帯 することをお勧めいたします.

  • 2 要素認証に,固定電話への音声メッセージを選択された方

  • 出張や在宅勤務等で頻繁に普段と異なる場所で業務をされる方

  • 出張等で海外に行かれる方

  1. Google アカウント - セキュリティ にアクセスします.

  2. Google へのログイン2 段階認証プロセス をクリックしてください.

../_images/2FA_setpos.png
  1. バックアップコード設定 (設定済みの場合は コードを表示) をクリックしてください.

../_images/2FA_backupcode.png
  1. パスワードを要求されるので, パスワード を入力してください.

  2. バックアップコードが 10 個表示されるので,すぐに使える安全な場所に保管してください.

UECクラウドアカウント 卒業・修了・退職時の手続き

学内進学や別役職での新規雇用の場合は 旧 \Rightarrow 新 UEC クラウドアカウントの移行 も合わせて参照してください.

UECクラウドアカウントの無効化

UECクラウドアカウントの状態はUECアカウントと同期しています. 有効期限等は UEC アカウントの無効化 を参照してください.

UECアカウントが無効化されると,UECクラウドアカウントも無効化 されます. 無効化後は,ファイルやメール等のデータは一切復旧はできません.

UEC クラウドアカウントと連携している学外サービスについて

UEC クラウドアカウント (Googleアカウント) を学外サービスと連携している場合, UECクラウドアカウントも無効化後に,連携先学外サービスの利用に支障が生じる場合があります. 対応方法については学外サービスの事業者にご確認ください. 情報基盤センターでは対応できません.

学外サービスの利用を継続するためのUEC クラウドアカウントの 有効期限延長または一時的/永続的なアカウントの復旧はできません.

Google Driveのデータについて

UECクラウドアカウントが無効化されると,無効化されたアカウントが所有者となっている Google Drive上のデータには誰もアクセスできなくなります.

他ユーザと共有しているファイル/フォルダも同様です. 他ユーザと共有しているファイル/フォルダで,引続きアクセスする必要があるデータは,必ず所有者を変更 してください.

\(\Rightarrow\) 新 UEC クラウドアカウントの移行

大学院への進学や教職員として新たに雇用されるなど,異なる立場で本学への所属される方は, 旧 UEC クラウドアカウントが無効化される前に 新・旧 UEC アカウントのデータや設定を ご自身で移行してください.

警告

旧 UEC クラウドアカウントが無効化された後はデータ移行ができません. 必ず,旧 UEC クラウドアカウントが無効化される前に 移行をお願いいたします.

Google Drive上のファイル

旧 UEC クラウドアカウントが無効化される前 に, Google Drive上のデータを新 UEC クラウドアカウントに共有し, 所有者を新 UEC クラウドアカウントに変更 してください.

警告

共有だけでなく,必ず所有者の変更 をしてください. 共有のみで所有者を変更していない場合,旧 UEC クラウドアカウントが無効化されると,ファイルにはアクセスできなくなります. 無効化されたアカウントが所有者となっているファイルは復旧できません.