情報基盤センターシステム利用開始手順 (学生/教育研究職員向け)

ここでは,学生または教育研究職員の方が学内情報システムを利用して 授業を受けるまたは教育・研究業務を始めるための必要最小限の手順を解説します.

本手順は自宅等の学外ネットワークからも実施できます. 学内から本手順を実施する場合は,いくつかの手順をスキップすることができます.

本手順は次の環境を想定しています. 最新版のソフトウェアを利用していれば基本的には問題ありません.

OS
  • Windows 10 21H1 以上

  • macOS 11.4 (BigSur) 以上

Web ブラウザ
  • Google Chrome 99 以上

メールソフト
  • Thunderbird 91 以上

上記以外の環境でも同様のことができますが,情報基盤センターでのサポートはできません. 各自の判断でご利用ください.

1. UEC アカウントの初期パスワードを変更する

学内の多くのシステムを利用するために必要な UECアカウント のパスワードを, 配布された初期パスワードから変更してください. 一定期間内に変更しないとUECアカウントがロック されます.

UEC アカウントのパスワードの変更 の手順に沿って初期パスワードを変更してください. 以降は,変更後のパスワード で手順を進めてください.

2. 誓約書の提出と INFOSS 情報倫理教育の受講を完了する

大学の情報システムやその他の情報資産を,教育・研究の目的に沿って適正にご利用 誓約書の提出方法 および INFOSS情報倫理の受講方法 に沿って,それぞれの講座を完了させてください.

注釈

非常勤講師の先生方は「INFOSS 情報倫理教育」は免除されております. 「誓約書」のみご提出をお願いいたします.

3. UEC クラウドアカウントを有効化し,2段階認証を設定する

Thunderbird (自動設定) に沿って UECアカウントのメールを設定すると,UECクラウドアカウントの 初期パスワードなどが,が受信箱に配信されています.

UEC クラウド アカウントの発行と有効化 に沿って UEC クラウドアカウントを有効化し,2段階認証を設定してください.

警告

2段階認証を設定しないと,一定期間後にUECクラウドアカウントがロック されます. 解除には数日要する場合があります.必ず設定をしてください.

4. Zoom アカウントを有効化する

初期設定 に沿って Zoom アカウントを有効化してください.

5. メールを設定する

UECメール受信先設定 (@edu.cc.uec.ac.jp, @uec.ac.jp) に沿って,メールの受取先を電通大Gmailに設定してください.

メールの送受信方法 に沿って,電通大Gmailにログインすれば,メールを送受信できるようになります.

6. VPN (Virtual Private Network) を設定する

VPN 設定例 に沿って,VPNを設定してください.