Microsoft 包括ライセンス

基本情報

利用者向け情報

対象製品

  • Windows (アップグレード版)

  • Office

  • Office for Mac

ネットワーク管理者向け情報

学内ネットワークに接続された機器にインストールされたWindows および Office (Windows版) は 情報基盤センターが運用するライセンスサーバ(KMSホスト)を参照することで, プロダクトキーの入力をせずにライセンス認証をすることができます.

ネットワーク機器やサーバ等を設置する場合は,配下の機器が以下のサーバおよびポートに 到達できるようにご留意ください.

ホスト名

IPアドレス

ポート番号

kms1.license.cc.uec.ac.jp

172.21.23.2

1688

kms2.license.cc.uec.ac.jp

172.21.23.3

1688

プロダクトキー(MAK ライセンスキー)入力方法

製品のインストール後, プロダクトキー(MAK ライセンスキー)を製品ごとに個別に入力 することで ライセンス認証を行います. プロダクトキーは, 全学共通ボリュームライセンス管理者 にのみに公開されています. 長期間(おおむね 90 日以上)学内ネットワークに接続されない機器で継続的に製品を 利用する場合には,この方法でのライセンス認証してください.

製品ごとのプロダクトキー入力方法は,次を参照してください.

Office

  1. Office 製品のいずれかを起動し, ファイル メニューを開いてください.

  2. アカウント または ヘルプ 画面の プロダクトキーの変更 をクリックし, プロダクトキーを入力してください.

Windows 10

  1. スタートボタン右クリック して, システム をクリックします.

  2. 表示された バージョン情報 画面の プロダクトキーの変更 をクリックし, プロダクトキーを入力してください.

Windows 8.1

  1. スタート画面Control キーを押しながら Tab キー を押してください.

../../_images/windows8start.png
  1. アプリ 画面が表示されるので、その中の コマンドプロンプト右クリック してください.

../../_images/windows8apuri.png
  1. 画面下側に表示されたチャームバー内の 管理者として実行 をクリックしてください.

../../_images/Windows8_3.png
../../_images/Windows8_5.png
  1. 次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか? というメッセージが表示されるので、 はい をクリックしてください.

  2. 「コマンドプロンプト」ウィンドウから, $ slm.vbs-ipk 取得したプロダクトキー と入力してください.

../../_images/Windows8command.png

ライセンス認証状況の確認方法

Office

  1. Office 製品のいずれかを起動し ファイル メニューを開いてください.

  2. アカウントヘルプ を開くと,ライセンス認証状況が表示されます.

Widows 10

  1. スタートボタン クリックしてください.

  2. システム をクリックしてください.

  3. 表示された バージョン情報 画面にライセンス認証状況が表示されます.

Windows 8.1

  1. コンピュータ クリックしてください.

  2. プロパティ をクリックして、ライセンス認証が完了しているかを確認してください.

全学共通ボリュームライセンス管理者登録方法

MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ でプロダクトキー(MAKライセンスキー)を閲覧するためには, 以下の手順で事前に,全学共通ボリュームライセンス管理者登録をしてください. 非常勤講師を除く本学教員 の方のみ申請できます.

  1. 情報基盤センター申請書一覧全学共通ボリュームライセンス管理登録申請書 にて, 登録者ご本人が情報基盤センター業務事務室(東3号館4階)まで申請してください.

重要

代理申請の場合は, 情報基盤センター申請書一覧委任状 も合わせて提出してください. 代理申請者の方も 提出時に身分証明書の提示 をお願い致します.

  1. 登録完了後, 登録者の UEC アカウント (<UECアカウント名@edu.cc.uec.ac.jp) にメールでお知らせしますのでご確認ください.

  2. 登録者のUECアカウントで MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ にログインできることをご確認ください.

ヒント

VPN を含む学内ネットワークに接続されている機器にインストールされた製品は, ライセンスサーバ(KMS ホスト)で自動的に認証されます. 管理の手間を軽減するため,学内ネットワークに長期間(概ね 90 日以上)接続しない機器のみ, MAKライセンスキー(プロダクトキー)によってライセンス認証することを推奨します.

卒業・修了後のライセンスの継続利用について

本学が契約している包括ライセンスは,学生が卒業・修了後も, 在学中に使用していたライセンスを継続して利用する特典が含まれています. 継続して利用できるのは 卒業時点で個人所有の PC にインストールされているバージョンの Windows,Office,Office for Mac です.アップグレード権はありません.

卒業・修了後の利用希望を把握するため, 卒業・修了予定月の末日までに学生使用許諾証明書 を提出してください. 学生使用許諾証明書は,卒業・修了式会場で配布・回収します.必要事項(学生氏名,学籍番号,提出日)記入の上,提出してください. 個別に提出する場合は, 情報基盤センター申請書一覧 から 学生使用許諾証明書 をダウンロードの上, 必要事項を記入して 情報基盤センター に提出してください.

警告

  • 中途退学等で在学資格を失った場合は,卒業・修了後の利用権が得られません. 個人所有の PC にインストールされている製品は,離籍後,直ちに,アンイストール(削除)してください.

  • 本学の学部卒業後に本学大学院へ進学する方は,学部卒業時に学生使用許諾証明書を提出する必要はありません. 大学院修了時にご提出ください.

ライセンス内容および利用方法・技術的なサポートに関する問い合わせ

ライセンス内容に関する問い合わせ

ライセンスに関するお問い合わせは,Microsoft ボリュームライセンスコールセンター にお問い合せください. 必ず「所属する学校で締結している包括ライセンス契約について」とお伝えください.

ボリュームライセンスコールセンター

製品の利用方法や技術的なサポートに関する問い合わせ

研究室等で個別にインストールされたマイクロソフト製品に関する技術的な問題は 情報基盤センターでは検証・回答できない場合が多いため, 下記,マイクロソフトコミュニティにお問い合わせください. 問い合わせ内容によって有償サポートを案内される場合があります.

マイクロソフトコミュニティ

また,製品の細かい使い方については,Microsoft の公式ページのサポートもしくは 説明書を参照してください.