Microsoft 包括ライセンスを大学管理の PC で利用する

大学管理下の PC で包括ライセンスを利用する場合は,製品ごとに以下の手順が必要です.

Windows,Office を利用する

Windows と Office (Windows) の利用には,ライセンス認証が必要です. ライセンス認証の方法として,

の 2 通りがあります.違いは以下のとおりです.

ライセンスサーバ

ライセンスキー

事前のライセンス管理者登録

不要

必要

学内ネットワーク接続 (VPN 含む)

必要 (約 90 日以内に 1 回以上)

不要

定期的にある程度の時間,学内ネットワークに接続する機器には, ライセンスサーバ (KMS ホスト) を参照する方法 をお勧めします.

ライセンスサーバ(KMSホスト)を参照する方法

  1. UEC アカウントで メディアダウンロードページ にログインし, 製品をダウンロード,インストールしてください.

    警告

    Office 2019 のインストールを行う際, 前バージョンの Office を事前に必ずアンインストール してください. アンインストールせずに Office 2019 をインストールすると,下記の エラーが発生してインストールが出来ません.

    ../../../_images/ms_office_c2r_warn.png

    注釈

    Windows Defender が動作している端末では, Office 2019 をダウンロードする 際にインストールが停止する場合があります. 以下の手順で Windows Defender の リアルタイム保護一時的 にオフにしてからインストールを実行してください

    1. タスクバーのスタートボタンから 設定 を選択する.

    2. 更新とセキュリティ を選択する.

    3. Windows セキュリティ を選択する.

    4. ウイルスと脅威の防止 を選択する.

      1. 設定の管理 を選択する.

      2. リアルタイム保護 がオンになっている場合オフにする.

    Office のインストール後は リアルタイム保護再度オン にしてください. その他のセキュリテイ製品によりインストールが停止する場合は, 各製品のマニュアルをご参照のうえ同様の設定をしてください.

    ヒント

    Office 2019 からインストール方式が変わり,クイック実行形式 (C2R) となりました. C2R のインストーラーを Zip 形式のファイルで配布します. ファイルを解凍し,管理者権限を持つアカウントで install.bat右クリック し, 開く を選択してください. 管理者として実行 を選択した場合, 正しく動作しません.

  2. 製品をインストールした機器を,学内ネットワークに接続してください.

  3. メディアダウンロードページ から,インストールした製品に 対応する KMS 用パッチファイル をダウンロードしてください. メディアダウンロードページ へのアクセスには,事前登録は必要ありません.

  4. ダウンロードした KMS用パッチファイル右クリック して 管理者として実行 を選択してください.

  5. 再度, ライセンス状況の確認方法 を 参照してライセンス状況を確認してください.

    ヒント

    ライセンス認証できない場合は, FAQMicrosoft 包括ライセンス > KMS によるライセンス認証が失敗します. をご確認ください. 問題が解決しない場合は, 情報基盤センター にご連絡ください.

プロダクトキー(MAKライセンスキー)を使用する方法

  1. ライセンス管理者登録 にしたがって,全 学共通ボリュームライセンス管理者登録をしてください. 非常勤講師以外の本学教職員のみ管理者として登録できます. それ以外の方は,部局担当者や指導教員等にご相談ください.

  2. 登録者の UEC アカウントで MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ にログインし, 必要なプロダクトキーを取得してください.

  3. UEC アカウントで メディアダウンロードページ にログインし,製品をダウンロード, インストールしてください.メディアダウンロードページ へのアクセスには,事前登録は必要ありません.

    警告

    Office 2019 のインストールを行う際, 前バージョンの Office を事前に必ずアンインストール してください. アンインストールせずに Office 2019 をインストールすると,下記の エラーが発生してインストールが出来ません.

    ../../../_images/ms_office_c2r_warn.png

    注釈

    Windows Defender が動作している端末では, Office 2019 をダウンロードする際にインストールが停止する場合があります. 以下の手順で Windows Defender の リアルタイム保護 をオフにしてからインストールを実行してください

    1. タスクバーのスタートボタンから 設定 を選択する.

    2. 更新とセキュリティ を選択する.

    3. Windows セキュリティ を選択する.

    4. ウイルスと脅威の防止 を選択する.

      1. 設定の管理 を選択する.

      2. リアルタイム保護 がオンになっている場合オフにする.

    Office のインストール後は リアルタイム保護再度オン にしてください. その他のセキュリテイ製品によりインストールが停止する場合は,各製品のマニュアルをご参照のうえ同様の設定をしてください.

    ヒント

    Office 2019 からインストール方式が変わり,クイック実行形式 (C2R) となりました. C2R のインストーラーを Zip 形式のファイルで配布します. ファイルを解凍し,管理者権限を持つアカウントで install.bat右クリック し, 開く を選択してください. 管理者として実行 を選択した場合, 正しく動作しません.

  4. プロダクトキーの入力方法 を参照し, 取得したプロダクトキーを各製品ごとに入力してライセンス認証を行ってください.

Office for Mac

  1. ライセンス管理者登録 にしたがって, 全学共通ボリュームライセンス管理者登録をしてください. 非常勤講師以外の本学教職員のみ管理者として登録できます. それ以外の方は,部局担当者や指導教員等にご相談ください.

  2. 登録後,登録者の UEC アカウントで MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ にログインし, Office for Mac のインストールメディアをダウンロードしてください.

  3. ダウンロードしたインストールメディアを開くと,インストーラが表示されます.

  4. インストーラを起動し,画面の案内に従ってインストールしてください.

    ヒント

    Office for Mac 2016 はライセンス認証手続きを行わなくても動作します. そのため,インストールメディア自体を, MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ で配布しています.

    注釈

    Office for Mac 2019 のライセンス認証にはインストーラに同梱されている シリアライザ を実行する必要があります.

    ../../../_images/ms_mac_office_serializer.png

    シリアライザを起動すると案内が表示されるので,案内に沿って実行してください.

System Center Endpoint Protection (Windows のみ)

ヒント

System Center Endpoint Protection はインストール後のライセンス認証手続きを行わなくても動作します. そのため,インストールメディア自体を, MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ で配布しています.

  1. ライセンス管理者登録 にしたがって, 全学共通ボリュームライセンス管理者登録をしてください. 非常勤講師以外の本学教職員のみ管理者として登録できます. それ以外の方は,部局担当者や指導教員等にご相談ください.

  2. MAKライセンスキー & メディアダウンロードページ から, System Center Endpoint Protection のインストールメディア(ISOイメージ)をダウンロードします.

  3. ダウンロードしたISOイメージを,解凍ソフト(7-Zip等)で展開して下さい. ISO イメージから DVD を作成し,DVD から読み込ませることもできます.

  4. SCEPinstall ファイルをダブルクリックします.

  5. 次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか? というメッセージが出るので、 はい をクリックし,インストーラを起動します.

  6. インストーラの指示にしたがってインストールしてください.