電通大用Microsoftアカウント とはなんですか?

電通大が契約するMicrosoft 365を利用するためのアカウントです. UECクラウドアカウントと連携しています.

どのようなサービスが利用できますか?

利用可能サービス例 を参照してください.

表示名がUECアカウントになっています.変更できますか?

変更できます. 管理者による設定変更が必要なので, 表示氏名変更申請 から申請をしてください.

A5 と A1 の違いはなんですか?

A5とA1は,共にMicrosoft 365のライセンスですが,利用できるサービスが異なります. 主な違いは,PC向けOfficeクライアントアプリ使用権の有無です. A5を割り当てられたアカウントはPCにOfficeアプリをインストールすることができますが,A1はできません. A1は,オンライン版のOfficeのみ利用可能です.

自分のアカウントのライセンスは A5 と A1 のどちらですか?

利用方法(ログイン方法) の手順でMicrosoft 365にログイン後,https://portal.office.com/account/?ref=MeControl#subscriptions にアクセスすれば自分のアカウントに紐付いたライセンスが確認できます.

OfficeをPCにインストールする方法がわかりません

A5を割り当てられた方のみご利用いただけます.

方法につきましては,Office 365 ログイン より,サインインをし,「Officeのインストール」よりインストールできます.

サインインの方法につきましては,利用方法(ログイン方法) をご参照ください.

また,詳細につきましては, 「Microsoft 365 または Office 2019 を PC または Mac にダウンロードしてインストール、または再インストールします。」 をご参照ください.

Microsoft にサインインできません

次をご確認ください.

電通大 Microsoft アカウントの ID の入力に誤りがある:

Microsoft のID 入力画面で電通大 Microsoft アカウント の ID (@ms.cc.uec.ac.jp) を入力しているか確認してください. その後,Google のID 入力画面で UEC クラウドアカウント (@gl.cc.uec.ac.jp) を入力してください.

個人で使用しているMicrosoftアカウントで既にログインしている:

お使いのブラウザで別の Microsoft アカウントでログインしていると,電通大 Microsoft アカウントへの切り替えが 正常に行われない可能性があります.

次のいずれかの方法をお試しください.

  • ブラウザでログインしている 全ての Micorosft アカウントをサインアウト してから 電通大 Microsoft アカウントでログインしてください

  • お使いのブラウザの シークレットウィンドウInPrivate ウィンドウ を使用し,ログインをお試しください

電通大MicrosoftアカウントでMicrosoft Teamsにログインしようとすると,「Microsoftアカウントが存在しません。別のアカウントを入力するか、新しいアカウントを作成してください。」と表示されて,ログインが失敗します.

電通大Microsoftアカウントが有効であることを確認するため, まず, Web版Microsoft Teams に にログインできるか確認してください.

Web版にログインできる場合:

アカウントそのものは有効です. PCやモバイル機器にインストールしているMicrosoft Teamsアプリケーションを一度アンインストールし,再度インストールした後,再びログインをお試しください.

Web版にログインできない場合:

アカウントやライセンスが有効であることを確認するので,UECアカウントを support@cc.uec.ac.jp までお知らせください.

UECクラウドアカウントと電通大Micorosftアカウントの認証頻度を減らすことはできますか.

UECクラウドアカウントと電通大Micorosftアカウントの認証につきましては, 大学固有の認証設定ではなく,Microsoft 365の認証の仕様により動作しているものになっております.

下記設定で認証回数が減る場合がありますので,お試しください.

  1. ブラウザをご利用いただいている場合,ブラウザのプロファイルを分け,個人の Micorosftアカウント と 電通大Micorosftアカウント を別のプロファイルにて使用する.

  2. ログイン時に表示される,ログイン情報を保持するかどうかの選択肢に対し,保持するを選択する.