不審(ウイルス)メールについて

情報基盤センターと UEC-CSIRT では、本学を狙ったサイバー攻撃を把握・対策するため、本学の(@UECメール, @xx.uec.ac.jp) 宛に送られてきた不審(ウイルス)メールを収集しています。

以下のような、不審なメールを受信した際には、対応方法に沿ったご対応をお願いいたします。

  • 標的型攻撃メール
  • UEC アカウントのログイン情報を狙ったフィッシングメール
  • 国内金融機関や Paypal 等を狙ったフィッシングメール
  • ウイルスと思われるファイルが添付されているメール
  • その他不審なメール

ご提供いただいた情報は防御の目的で必要に応じて学内や他機関と共有させて頂きます。

不審メールへの対応と検体の提供方法

  • 添付ファイルや本文のリンクを開かない(HTMLメールの表示を無効化していることが望ましい)
  • 万が一、添付ファイルやリンクを開いてしまった場合は、PC をネットワークから切断した上で 電源をつけたまま uec-csirt@uec.ac.jp に連絡する
  • (可能であれば)不審なメールを検体として specimen@cc.uec.ac.jp に転送する

検体をご提供いただく場合は、メールに関する詳細情報(ヘッダ情報)が残るように、次のように、添付による転送 にて specimen@cc.uec.ac.jp までお送りください。タイトルや本文を追記していただく必要はありません。

Thunderbirdの例:
転送するメールを選択 ⇒ メッセージ形式を指定して転送添付ファイル
Apple Mailの例:
転送するメールを選択 ⇒ メッセージ添付ファイルとして転送

可能であれば不審メール全体を ZIP などで圧縮した上でメールに添付し、ご提供ください。