本学の教職員学生が eduroam を利用する場合は,情報基盤センターのRES アカウントが必要です.

学外の方は,利用に前もって eduroma 用アカウントの有無を所属機関にお問い合わせください.

eduroam の利用方法

電気通信大学は、全世界規模の高等教育機関の無線 LAN ローミングシステム eduroam に参加しています.

本学で稼働している無線 LAN AP は全て eduroam に対応しています。eduroam の詳細とその参加機関については以下で確認できます.

eduroam JP www.eduroam.org

出張等で訪れる大学や会議場が、eduroam に対応していれば,通常,eduroam という SSID(ネットワーク名)が使用機器から確認できます. 本学構内でも,eduroam が利用できます.利用する場合は,以下の準備を済ませておいてください。

  1. eduroam JPの「利用の手引き」に従って PC の設定を行います.暗号化の設定は「WPA2-エンタープライズ」の「AES」を推奨します。
  2. 可能であれば,事前に eduroam に接続できるかどうかを確認します.本学教職員の方は,接続時に以下のユーザ ID とパスワードを入力します.他の場所で利用する際も同じです.
    ユーザーID(Windowsの場合は「資格情報」)RES アカウント名に@cc.uec.ac.jpを加えたもの(例:XXXX@cc.uec.ac.jp
    パスワードUEC アカウントのパスワード

    学外の方は,所属機関の発行する eduroam 用アカウントを利用してください.

  3. eduroam 接続時に利用できるサービスは機関毎に異なりますが,VPN は協定上必ず利用可能です.本学教職員の方で,他の場所でも学内と同じようにネットワークを利用したい場合は,あらかじめ以下の VPN 設定をしておくことをおすすめします.

    VPN

    VPN を設定する場合は,学内ネットワークに接続して「事前共有鍵」を取得する必要があります.必ず事前に設定してください.


利用可能機関・場所

利用可能な機関や場所は以下から確認できます.また,これ以外にも主要な国際会議等で一時的に利用できる場合もあります.

eduroam 利用機関


利用可能プロトコル

本学内の eduroam で利用可能なプロトコルは以下のものです.

  • http(TCP/80), https(TCP/443)
  • ssh(TCP/22)
  • submission (TCP/587), smtps (TCP/465)
  • pop3s (TCP/995), imap4s (TCP/993)
  • domain (udp/53, tcp/53)
  • ntp (udp/123)
  • OpenVPN, PPTP, L2TP, IPsec, IPsec NAT traversal

不適切な利用が確認された場合は、直ちに接続を切断しますのであらかじめご了承ください。