情報システム利用に関する誓約書(2017年度開始) INFOSS情報倫理(2014年度開始)
在職あるいは在学期間中に1度のみ提出が必要
(大学院進学等の場合は再度提出が必要です。)
毎年度 受講・合格が必要
(毎年4月に新年度のコースが追加されます。)
※この誓約書は2017年度から実施開始となりました。
提出は初年度のみで問題ありませんが、2016年度以前に提出したという事実はありませんので、お間違えのないようお願いいたします。


情報システム利用に関する誓約書の提出は本学の教職員、学生を含む全ての構成員を対象にしており、 本学の情報システムを正しく利用することを約束するためのものです。
在職あるいは在学期間中の最初に1回だけ提出する必要があります。
CITI研究倫理の誓約書とは別物ですのでご注意ください。

誓約書を提出し修了テストに合格した後も「情報システム利用に関する誓約書」および「INFOSS情報倫理」のコースから退会しないようご注意ください。コースから退会されると合格者一覧として成績を取得できなくなり、制限対象となってしまう可能性があります。

誓約書の提出手順

  1. WebClass にアクセスします。URLは次の通りです。

  2. 「ログイン画面を表示する」をクリックします。

  3. 統合認証画面が表示されるので、UECアカウント名とパスワードを入力します。

    これまでにWebClassを一度も利用したことがない場合は、WebClassにユーザ登録が必要です。ユーザ登録は以下の手順で行います。

    1. 「ローカル認証はこちら」をクリックしてください。
    2. 表示された統合認証画面でUECアカウント名とパスワードを入力します。
    3. ローカル認証画面が表示されるので、もう一度UECアカウント名とパスワードを入力します。

    次回以降は「ログイン画面を表示する」から直接ログインできます。

  4. 教職員の場合は、画面右上部の「学生としてログインする」をクリックして、学生モードに入ってください。
    「学生としてログインする」が表示されていない場合は、既に学生モードになっているか、WebClassの不具合の可能性があります。不具合についてのお問い合わせは情報基盤センターでは対応できませんのでeラーニングセンターまでお願いします。
  5. 次に、コース選択をします。画面右下部の「参加可能なコース」下の「すべての参加可能なコースを表示する」リンクをクリックすると、参加可能なコースの一覧がその下に表示されます。
    プルダウンメニュー「選択可能なコース」から「全学」を選び、「情報基盤センター」の項目にある、
    「H29 電気通信大学 情報システム利用に関する誓約書」
    をクリックします。

    pledge_infoss_howto_01.png
  6. 表示された画面で「メンバーになる」をクリックします。
  7. 「資料」欄には
    「国立大学法人 電気通信大学 情報システム運用・管理実施手順書」
    「国立大学法人 電気通信大学 情報システム運用・管理実施手順書(英語版)」が、
    「テスト/アンケート」欄には
    「電気通信大学 情報システム利用に関する誓約書の提出 Submitting Pledge for Using the University of Electro-Communications (UEC) Information System」
    があります。
    テキストの内容を確認し、「テスト/アンケート」欄の「誓約書の提出」を受験してください。問題文に誓約書の内容が、一問2択のテストとして誓うかどうかの選択肢がありますので、合格すれば誓約書を提出したこととなります。

  8. 誓約書を提出した後も「情報システム利用に関する誓約書」のコースから退会しないようご注意ください。コースから退会されると合格者一覧として成績を取得できなくなり、制限対象となってしまう可能性があります。
  9. 終了する場合は、画面左上の「資料を閉じる」等をクリックした後、同じく画面左上の「ログアウト」をクリックしてください。

参考:INFOSS情報倫理の受講手順

誓約書では継続的な情報教育の実施としまして、eラーニング教材 INFOSS情報倫理 を年に1回受講し、期日までに提供されている試験のいずれかを一つ合格することを求めています。

INFOSS情報倫理のテキストおよび修了テストもWebClassにて行ないます。WebClass上での受講手順は、上記の誓約書の提出手順と同様です。

5.コースの選択にて
『INFOSS 2017年版[速習版]あるいは[通常版][ふりがな版][English version]のいずれか』
を選択してください。

合格に必要な点数や、INFOSS情報倫理とはどういった教材かなどの説明については、以下のWebページをご覧ください。

INFOSS 受講方法案内ページ(学内のみ) - https://www.cc.uec.ac.jp/srv/all/infoss/

情報システムの利用制限

10月1日までに誓約書を提出していない又は INFOSS の修了テストに合格していない場合は、UECアカウントを利用するサービスのうちWebClassを除くすべてのサービスが利用不可能となります。

具体的には、以下のシステムが利用できなくなります。

  • センターが提供する学内無線LANサービス
  • センターが提供するVPNサービス
  • 統合認証を利用するサービスでWebclassを除く全てのシステム

結果の反映は1日1回の頻度で行なっています。即時反映はされず、誓約書提出の及びINFOSS合格の翌日から再び各種サービスが利用可能になりますのでご注意下さい。